10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

まーがれっと

Author:まーがれっと
空と海と居酒屋が大好き。埼玉県在住。
2008年9月からmixiで書き始めた自炊日記が中心です。2011年12月にこちらのFC2に引っ越してきました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

「捨て魔」のシンプルライフ

2006.11.20 22:19|日々のこと
1-060525ソファ450
【写真】捨てたソファと観葉植物。このフロアスタンドはどなたかに譲ります。~写真は以前の日記より~

身の回りの物を捨てるのが好きです。
買い物して物が増えることは私にとってストレスの原因です。
(多くの女性の反対ですね)

最近捨てることに更に拍車がかかってきました。
先月観葉植物のベンジャミンを捨てたのを皮切りに、先週はステレオセット、今日はソファを清掃局に持ち込みました。
家の中にはまだ捨てたいものがたくさんあって楽しみです(^^)

ソファは買い替えるつもりだったのですが、リビングにソファが無いのも広々してなかなか良いことに気付きました。
しばらくソファなしで生活してみようと思います。

ステレオの代わりも私にはラジカセで充分です。
裏のごちゃごちゃした配線もラジカセだとコンセント1本ですっきりして気持ちいい。

ところでどなたか写真のフロアスタンドいりませんか?
イデーの製品で、黒いアイアンと生成りの帆布でできています。
10年使用しました。
見る角度によってランプシェードが少し曲がっています。
取りに来てくださる方で、マイミクさんに限ります。
欲しい方は早目に私宛にメッセージを送って下さい。
私が清掃局に持ち込んでしまう前に、ね。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=273293336&owner_id=3396425&org_id=280822436

奄美大島クルーズ⑥完

2006.11.16 22:17|船旅
~番外・インテリア編~
1-061116船室450
◆船室はいつもなるべくお安い部屋でお願いしています。
安いお部屋にもトイレ・洗面台・シャワーはついていますから、生活するには全く問題ありません。
クルーズの場合船室にいるのは寝る時と着替える時だけなので、良い部屋は必要ないのです。
ただ外国船の時は言葉の関係でイベントにあまり参加できないので、可能ならバルコニーつきのお部屋にします。

船によって静かな場所や揺れにくい場所、移動しやすい場所などが違うので、日本船の場合は部屋番号をいくつか指定して旅行社に取ってもらっています。(初めて乗る友人にはとにかく揺れにくい、真ん中に近い部屋をすすめています)

この船のインテリアは、船室もパブリックスペースも非日常的な華やかさがあって大好きです。

2-061116図書室450
◆図書館はいつも私が一番いる所です。
静かな図書館で海を眺めながら雑誌を見るのが好きです。
別行動していた家人との待ち合わせにもよく使います。

他にこの船で私が好きな場所は、
6階のカジノ(この船のカジノは小さいながらも日本船では一番本格的なインテリアです)、
7階のピアノサロン(赤・青・黄のビビッドカラーの椅子が配置されていてモダンな雰囲気)、
12階のトップラウンジ(華やかな中にも落ち着きがある、小さめの大人向けのバー)などです。

3-061116スイートルーム450
◆今回はロイヤルスイートルームの見学会がありました。
ロイヤルスイートルームは4部屋あり、全て凝った違うインテリアです。
「アルカイック」(←どんな意味?)、「モダン」「エレガント」「ノーブル」がそのインテリアコンセプトだそうです。
写真は「モダン」のリビングスペースのごく一部です。
全て部屋の広さは65㎡で、リビング、ベッドルーム、ウォークインクローゼット、洗面ボウルが2つついた洗面所、トイレ、展望風呂、バルコニーがら構成されています。
長いクルーズほど部屋が広い方が理想的ですが、私には縁がなさそうです。

しかもこの船は日本船で唯一、スイートルーム以上の部屋の乗客はダイニングが違うんです!
そのダイニングは少し堅苦しい雰囲気で、相席はありません。
普通のダイニングでは、相席で出会った方と後々のお付き合いが始まったりするのが船旅の醍醐味だったりするので、やはり私には縁がなさそうです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=270179442&owner_id=3396425&org_id=273290604

昨夜はメキシカン

2006.11.15 11:17|自炊日記
061115メキシカン350
昨夜の夕食です。
珍しく近所のスーパーでキドニービーンの缶詰を見つけたので、久し振りにチリ・コン・カンを作りました。
仕事で4日間家を空けてしまったので、目先の変わった夕食でごまかそうという魂胆です(^^ゞ
若い時は大好きだったタコスだけど、年齢のせいでしょうか、最近は結構胃にずっしりきます。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=269015709&owner_id=3396425&org_id=270176916

奄美大島クルーズ⑤

2006.11.10 11:41|船旅
~クルーズ最終日~
1-061110フルーツ450
朝のフルーツ

2-061110ビンゴ450
ビンゴ大会

3-061110昼食450
和食の昼食

ぐっすり眠って明け方3時半に目が覚めました。
それから寝たり目覚めたりの連続。
目覚めるたびに具合が悪くなっていきます。
いつも目覚める6~7時頃、決定的にお腹を下していることを認識しました。昨日お風呂上がりに風が出てきた甲板から長時間出港セレモニーを見物して冷えたのかもしれません。

一人で朝食に行った家人が、ダイニングでやはり顔なじみのボーイさんに「奥さんは?」と聞かれて、「体調がが悪くて部屋にいる」と答えたら、オムレツとパンを持たせて貰ってきました。
残念ながらあまり食べられませんでしたが、もしかして規則違反なのかもしれないこんな細やかな配慮ができるフィリピンのボーイさん達に感激します。
だから私はこの船が一番好きなのかもしれません。

さて私の具合はますます悪くなるばかり。
「クイズ大会~」
「エステぇ~~!!」
「荷造り~」
思いはむなしく、クイズ大会はあきらめ、エステにも断腸の思いでキャンセルの電話をいれます。
ホンとに腸を切り捨てたい気分でした…。

その間家人はビンゴ大会へ行き、クルーズ券が当たる恒例「アンラッキービンゴ」で最後の4人に残ったものの、記念品のボールペン1本握り締めてトボトボ帰ってきました。

11時まで医務室が開いていたので初めて診察を受けに行きます。
この船の西丸ドクターはちょっとした有名人です。
かつて法医学の医師で著書もたくさんあり、最近は何故かTVドラマのチョイ役で出ていたりします(結構演技もお上手なんです!)。
ドクターとナースに丁寧に問診されてベッドに横になり触診を受けます。
このドクターに診察を受けると自分が死体になったような厳粛な?気分になります。
そういえば触診の前、お2人は私に向かって手を合わせていたような…(ウソです)

強力なお薬を貰い部屋に戻り荷造りです。
荷造りに関しては家人は全くその能力がなく、何としても私がしなくてはいけません。
しかも宅配便で自宅に送る分(ほとんどです)は、13時までに部屋の前に出さなければいけないのです。
7時間苦しんでヘロヘロの状態でも30分で終わりました。
我ながらエライ!

気分転換に昼食のダイニングへ。
すごく美味しそうなものの食欲はありません。
茶碗蒸しだけ食べて、あと散らし寿司の蟹を味見。
お・おいしい! 本物の蟹だあ~。
でもほんのちょっぴりつまんだだけで全て家人にあげてしまいました。
(そういえばあの時の蟹、返してもらわなくっちゃ!)

午後は少し元気になりロイヤルスイートルームの見学に出かけます。
4室あるロイヤルスイートルームが全て空いていて、時間があるときだけ開放してくれます。
私も初めて乗船した2001年に見て、今回がやっと2回目です。
その後アフタヌーンティーで私は紅茶だけ、二人分の昼食を食べた家人はケーキを2つも食べています。

下船が15時で本当に良かったです。
10時頃下船のクルーズも多いので、その場合一体どうなっていたんだろう? と考えると恐ろしい。

空港までタクシーで移動したら、スカイダイバーの友人達が待っていてくれました。
名残を惜しんで皆でお茶します。

運良くJクラスも取れました。
帰りの機体は元国際線だったらしく、Jクラスの中でも一番良いシートで体も大分楽になりました。
終わりよければ全て良し、です。

でも30代最後の日はカジノで大当たり、40才になったとたん体調不良。
今後の私の40代が不安です・・・。

~あとがき~
初めて乗船記というものを書きました。
稚拙で長い文章を最後まで読んでくださった方、本当にありがとう。
時間がある時、番外でインテリア編も書くつもりです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=265014767&owner_id=3396425&org_id=269015709

奄美大島クルーズ④

2006.11.09 12:00|船旅
~クルーズ2日目・船内編~
1-061109出港450
出港セレモニー。地元の方による「八月踊り」

2-061109夕食450
左が先付の「ボイルドハムと胡瓜・椰子の新芽のパパイヤソース」  右は前菜の「島風豆腐田楽二種」

30961109ケーキ450
船からのバースデイケーキ

少し早めに船に帰りました。
すいているうちに大浴場に行きたいからです。
晴れ女らしく28℃の泳げるほどの天気にしてしまった(私が?)ので、汗をかきました。
女性は風呂場でも脱衣所でもゆっくりなので混む時間はのんびり入れないのです。

お風呂場に足を踏み入れてびっくり!
岸壁側で人や建物が見えて落ち着きません。
いつもは接岸の方向によって女湯は覗かれない側になっているのですが…。
でも他の人たちはまったく動じてない様子。
私も気にしないで入ることにします。
入浴後は甲板からゆっくり出港セレモニーを見物しました。

今回のクルーズで感じたこと。
福岡の人はのんびりしていておおらかでノリがいい!
かといって大騒ぎするのでもなく、きっと船側にとってもいいお客様です。
関東以外から乗船すると思わぬ県民性が見られたりして面白いです。

帰船した時部屋のデスクに船長の署名入りバースデイカードがありました。ディナーの時にこのカードをダイニング入り口で係りの者にご提示下さいとあります。
なるほど、これで疑問が解けました。
この船は指定席制ではないので、どうしてお祝いする人を見分けているんだろう? と今まで不思議に思っていたのです。

今日は私が主役なので写真写りも考えてワンピースに着替え、マジックのショーを見て、いよいよダイニングへ。
一番仲の良いウエイターのジェフさんのテーブルをリクエストして案内していただきます。

今日のメニューは洋風懐石でした。
余談ですが私は日本船では洋食はこのぱしふぃっくびいなすが、和食はにっぽん丸がお気に入りだったのですが、最近この船の和食がすごく美味しくなりました。

ディナーの途中でジェネラルマネーシャーが先頭になってケーキを持ち、生演奏のトリオとカメラマン他船のスタッフが数名こちらにやってきます。
驚いたのは私達よりも偶然同席した岡山からきたという女性二人組みのお客様だったようです。
周りのテーブルの方たちも本当に暖かくバースデイソングを一緒に歌って下さり、うれしい誕生日になりました。

いったん部屋に戻り船内新聞で明日のスケジュールを確認してエステサロンに予約を入れます。
サロンの空いている時間がビンゴタイムと重なっているのですが今回はエステを取りました(^_^)
エステサロンはリニューアルしてから入ったことがありません。
楽しみです!

食後家人は昼間の運転の疲れが出たのかベッドで一休み。
カジノで待ち合わせすることにして私一人で勝負に出かけます。
今夜もルーレットです。
勝ったり負けたりのあまり面白くない賭けが続いて結局$380が$300に。
次乗船するまでの1年間は預かってもらえるのでそのようにしてもらいます。

気がつくと2時間経っていました。
飲みながらの勝負でしたがさすがに疲れました。
すぐ来ると言っていた家人は服のままダウンして熟睡しています。
私も明日のエステと下船の荷造りに備えて寝ることにします。

・・・が、何ということでしょう!
翌日は想像もしなかったアクシデントが待っていたのでした!!
~最終回につづく~

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=264229707&owner_id=3396425&org_id=265014767

奄美大島クルーズ③

2006.11.07 22:20|船旅
~クルーズ2日目・奄美大島上陸編~
1-061107あやまる岬450
あやまる岬

2-061107鶏飯450
鶏飯

3-061107原生林450
マングローブ原生林

昨夜の夕食は洋食だったので、朝食は和食にしました。
食事が終わる頃になると顔なじみのウエイターさんのジェフ君が、洋食のバイキングコーナーからきれいにフルーツを盛り合わせて持ってきてくれます。彼の担当じゃないテーブルに座っても毎回持ってきてくれるので恐縮です。
予定通り船は朝8時頃奄美大島に入港しました。
すぐ下船して岸壁に出ている臨時のお土産屋さんをひやかしたり、船を撮影したり。
昨日観光協会の山田さんが船から予約してくれたレンタカー屋さんのお店に行き、車を借ります。
10時間ほど借りて¥3,500!!
山田さんの紹介ということで通常より安くしてくださっているのですが、それでも安いっ!
しかも保険料込みなんです。

すぐ『奄美パーク』に向けてしゅっぱ~つ!
私がずっと行きたかった日本画家の『田中一村記念美術館』に行くためです。
その後飛行機好きの家人に付き合わされて奄美空港へ。
それからは美しい海を見ながら海岸線に沿ってドライブ三昧。
『あやまる岬』からの景色は本当に美しい!
しばらく立ち去りたくないほどでした。

ちょうどお昼時で奄美大島名物『鶏飯(けいはん)』を食べるため地元の食堂へ。
鶏飯はごはんの上に鳥肉をはじめ色々な具材をのせて鶏スープをかけていただくB級グルメちっくな郷土料理です。
もずくやお刺身も注文しました。
この食堂近くの海も美しく、しばらく浜辺で過ごします。

その後黒糖焼酎の工場へ行き工程を見学して、真剣に試飲して2本お買い上げ。
山田さんのアドバイス通り30度以上の度数のものを2本買います。
黒糖焼酎は長く寝かせれば寝かせるほど美味しくなるので2本買って下さい、と言われたのです。
が、焼酎ずきの我が家のこと、寝かせる前に飲んでしまいそうです。

更に走って『黒潮の森 マングローブパーク』へ。
カヌーを漕ぐ元気は残っていなかったので高いところからマングローブの原生林だけ見ます。

最後に地元のスーパーマーケット!
聞いたことも無い名前の魚や、豚肉の種類の豊富さに感心!
インスタントラーメン、ソースや味噌などの調味料コーナーも面白い。
ここで今日食べたかった郷土料理のもう1品『油(あぶら)ソーメン』のお弁当を見つけましたが船での夕食が食べられなくなりそうなので買うのは止めておきました。

150km走って返却前に入れたガソリンはたったの7リッターでした。
さぁ、今夜はいよいよバースディディナーです♪

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=262999416&owner_id=3396425&org_id=264226123

奄美大島クルーズ②

2006.11.07 09:19|船旅
~クルーズ初日編~
1-061107博多港450
博多港出港

2-061107観光案内450
奄美大島上陸に向けて船内で行われた観光案内

3-061107スープ横450
今回のクルーズ中、一番美味しかった一品『牡蛎のムニエル・サフラン風味のスープ』

さて、いよいよ乗船です。
このクルーズは2泊3日のショートクルーズですが初日は11時出港、最終日は15時帰港なのでゆったりできます。

すっきりと晴れた朝に天神のホテルから博多港へ移動。
国際ターミナル前の受付で乗船手続きを済ませ、早目の時間でしたが入室できました。
今回乗る船『ぱしひっくびいなす』は私が1番よく乗っている船で大好きな船です。

船室に入るとデスクの上に私の名前が書かれた封筒が!
いつもお願いしているクルーズ会社からのバースディカードでした。
翌日は私の誕生日なのですが、旅行社からメッセージが届いているとは思わなかったのでその心遣いを嬉しく思います。

乗船してもゆっくりしていられません。
まず事前に宅急便で船室に送っておいたスーツケースの荷物と、昨日自宅から持ってきた小振りのソフトスーツケース、ボストンバッグの中身をクレーゼットとチェストに収めます。
そして甲板に出てセイルアウェイセレモニーに参加。
バンドの生演奏をバッグに紙テープを投げ、昼間からシャンパン片手にウキウキです。
皆気持ちは同じらしく、音楽に合わせて踊っている人もたくさんいます。

船が無事岸壁から離れたことを確認して再び船室へ。
船内新聞や今クルーズの案内に目を通し、今日のプランを考えます。
この船は春にリニューアルしてエステが以前より充実しました。
コースと料金表を見てじっくり検討。
明日は誕生日なのでちょっと贅沢して長いコースにしたいなぁ、と一人ニンマリ。

和食の昼食を食べ、奄美の動植物に関する講演を聞き、アフタヌーンティーでお茶とケーキで休憩し、奄美の観光案内に参加しました。
奄美大島ではOPツアーには参加せず自由行動をするので観光案内をしてくださった地元の観光協会の山田さんにレンタカーのこと、お土産の黒糖焼酎のことなど相談にのっていただきました。

夕食前に大浴場で入浴。
部屋にシャワーもありますが朝と夕方、海を見ながらの入浴が気持ちいいのです!
今回のクルーズはフォーマルデーはありませんが、夕食前には毎回着替えます。
そしてコンサート、その後ディナーへ。
ディナーはフレンチのフルコースでした。

夕食後は毎回お決まりのカジノです。
誕生日クルーズだからでしょうか、久し振りにルーレットで大当たりの連続です。
30$のチップが1時間で380$に!!
日本船なので換金はできませんが、もし換金できたらクルーズ代金が1泊タダになったのに・・・。

ギャンブルでは引き際が大切です。
チップはまた明日遊ぶためカジノに預けておいて、興奮を冷ますべく12階のバーで軽く飲みます。
この船専属のアコースティックトリオが生演奏してくれます。
このバンドが演奏も歌もすっごく上手なのです!

満腹だけどダイニングに戻って夜食をチェック。
見るとやっぱり食べてしまいますね~。
私はフルーツを、家人はなんと味噌ラーメンを食べています(^_^;)
就寝前に甲板に出て、真っ暗な大海原の上で満天の星空を見て30代最後の日は終わりました。

明日はいよいよ上陸です!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=262568707&owner_id=3396425&org_id=262997174

奄美大島クルーズ①

2006.11.04 22:50|船旅
~博多編~
1-061104隠れ家450

2-061104お刺身450

先日博多発着、2泊3日の奄美大島クルーズに行ってきました。
博多を午前中出港するクルーズだったので前日博多に1泊します。
博多は友人もいるし、何度も行っている大好きな土地なのです。
友人が九州在住のスカイダイバーを集めてくれて、着いた日の夜はいざ宴会!
住宅街にある看板の出ていない、一軒家風でいいカンジの隠れ家的なお店でした。

お魚も新鮮で、お料理も美味しかった!
初めて会ったスカイダイバーも3人いましたが、人口の少ないスポーツなのですぐ打ち解けます。
あ~、楽しかった!

翌日はいよいよ乗船です・・・(続く)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=260548076&owner_id=3396425&org_id=262568707